画面切り替え

画面切り替えを使用して、2 つのクリップの間に心地よい視覚効果を追加します。

  • 画面切り替えは、単一の画像、注釈、ビデオ クリップ、またはこれらのグループに追加できます。
  • 画面切り替えは、時間や場所の推移を表したり、視聴者の注意を引いたり、クリップ間の切り替えをスムーズにしたりするために使用します。
  • 注釈と画像に画面切り替えを追加して、表示をカスタマイズすることができます。

タイムラインに画面切り替えを追加するには

  1. [画面切り替え] を選択します。
  2. 目的の画面切り替えをクリックします。
  3. タイムライン上にドラッグします。
  4. 黄色く光る範囲に画面切り替えをドロップします。黄色い範囲は、メディアやクリップの始めまたは終わりで使用できることを示します。

 

トリミングしたコンテンツを画面切り替えに使用する

画面切り替えでは、前のビデオの終わりのフレームと後のビデオの初めのフレームが使用されます。そのため、表示する必要のあるビデオが一部切り取られる場合があります。

 

[トリミングしたコンテンツを画面切り替えに使用] オプションを選択すると、トリミング、分割、または切り取られたビデオ クリップのフレームが画面切り替えの効果で使用されます。この方法を使用すると、ビデオ フレームからカットしていない部分は画面切り替えで使用されないため、編集したビデオはそのまま表示されるとともに、よりスムーズに画面を切り替えることができます。

 

この概念の理解を深めるには、次のシナリオについて考えてください。

  1. クリップ A とクリップ B がタイムライン上にあります。クリップ A を編集して、ハイライト部分を削除する必要があるとします。
  2. クリップ A を編集し、不要なフレームをすべて削除しました。
  3. クリップ A とクリップ B の間に画面切り替えを追加しました。クリップの端が画面切り替えで使用されたため、クリップ A の編集した部分が切り取られました。
  4. これを解決するには、[トリミングしたコンテンツを画面切り替えに使用] オプションを使用します。これにより、2. の操作でビデオから切り取られたフレームが画面切り替えで使用され、編集した部分はそのまま残ります。

 

トリミングしたコンテンツのオプションを使用するには、画面切り替えを右クリックして、[トリミングしたコンテンツを画面切り替えに使用] を選択します。

 

画面切り替えを使用する

実行する操作手順
削除する

画面切り替えを選択して、キーボードの Delete キーを押します。

表示時間を変更する
  • 表示時間を長くするには、画面切り替えの左右の端を外側にドラッグします。
  • 表示時間を短くするには、画面切り替えの左右の端を内側にドラッグします。
詳細を表示する

画面切り替えの上にマウス カーソルを移動すると、詳細ボックスが表示されます。

画面切り替えの種類を変更する 別の画面切り替えをドラッグして、現在の画面切り替えの上にドロップします。

 

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています