画面を録画する

Camtasia Recorder を使用すると、画面全体、特定のサイズ、範囲、ウィンドウ、アプリケーションなど、思いどおりの録画を実行できます。Recorder の設計はシンプルで使いやすく、初めての方でも、[録画] ボタンをクリックして画面を操作するだけで簡単に録画を作成できます。

Recorder では、次の録画と録音を自動で行います。

  • マイク オーディオの録音
  • SmartFocus ズームとパン アニメーション (自動的に最適化して表示します)
  • Editor で吹き出しを自動生成するためのキーボード ショートカット データ
  • Editor でカーソルをカスタマイズするためのカーソル データ

 

画面の録画方法

Recorder のデフォルト設定を使用して、次のようなファイルを録画・録音できます。

  • 全画面録画
  • マイク オーディオの録音
  • システム オーディオの録音
  • SmartFocus ズームとパン アニメーション (自動的に最適化して表示します)
  • Editor のカーソルを強化するカーソル データ
  • Editor でキー操作吹き出しを自動生成するためのキーボード ショートカット

Windows

Mac

プラットフォーム共通:

  1. 録画する範囲を選択します。
    • デフォルトでは、全画面録画に設定されています。
    • カスタム範囲または選択した範囲を録画することもできます。

  2. 必要に応じて、Web カメラから録画します。
  3. オーディオのオプションを選択します。
    • デフォルトでは、マイク オーディオが録音されます。

    • デフォルトでは、システム オーディオが録音されます。

  1. [録画] ボタンをクリックして開始します。
    • [停止] ボタンをクリックするか、または F10 キーを押します。(Windows)
    • [Stop (停止)] ボタンをクリックするか、または Option + Command + 2 キーを押します。(Mac)

 

SmartFocus™ について

録画中は、SmartFocus ™ 機能により画面上で行った操作とカーソルの動きに関するデータが収集されます。その後編集中に SmartFocus 効果を適用すると、ズームとパン アニメーションが自動的にビデオに追加されます。これにより、ズームとパン アニメーションを手動で追加する時間を節約できます。

 

録画中に SmartFocus 機能を最適な状態で利用するには、次のヒントに従って、SmartFocus 機能でズーム効果を適用する箇所を予測しやすくしてください。

  • 操作をゆっくりにする。マウスを動かすときはゆっくりと正確に操作します。
  • クリック回数を限定する。画面上のランダムな場所でマウスをクリックしたり、何度も繰り返しクリックしたりしないでください。
  • 全画面で録画してから、サイズを小さくして制作する。SmartFocus は、全画面や大きなサイズで録画する必要があり、最終ビデオのサイズを小さくしたい場合に理想的です。たとえば、全画面のアプリケーションを録画したものを画面の小さなモバイル デバイスへの配布用ビデオとして制作する場合、全画面の録画はズームを適用しないと表示できません。
  • クリップは 30 秒以上録画する。SmartFocus は 30 秒より長い録画向けに最適化されています。これより短いクリップの場合は、ズームとパン アニメーションを手動で追加してください。
  • 視聴者に注目してもらいたい位置にマウス カーソルをポイントする。マウス カーソルは録画内の重要な部分に置きます。たとえば、視聴者にハイパーリンクに注目してもらいたい場合は、マウス カーソルをそのリンク付近にポイントした状態で操作を説明してから、クリックします。
  • マウス カーソルを動かしながら話をしない。画面上でマウス カーソルを動かしながら話をするのは避けてください。マウス カーソルは録画内の重要な部分に置くようにします。
  • テキストを入力するときはマウス カーソルを近くに置く。テキスト ボックスをクリックした後でマウス カーソルを画面の反対側に移動して話をすると、SmartFocus で正しい操作が予測できない場合があります。テキスト ボックスへの入力内容に注目してもらいたい場合は、マウス カーソルをテキスト ボックスの中に置いたままにします。
  • マウスのスクロール ホイールを使う。マウスにスクロール ホイールが付いている場合は、スクロール バーをクリックしてドラッグする代わりに、ホイールを使います。スクロール バーを使うと、スクロールしている内容の代わりにスクロール バー自体に SmartFocus がズーム インしてしまうことがあります。たとえば、長い Web ページをスクロールするときなどはマウスのスクロール ホイールを使用します。

 

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています