オーディオを使用する

ビデオを作成する場合、画質の良い映像を撮影することが重要ですが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に重要なのは、音質の良い音声を取得することです。

  • 人間の耳はほとんどの音声の誤りを聞き分けますが、目は画面に表示されているエラーを見分けられない場合もあります。
  • ほとんどの人は、ビデオ自体が非常に良い作品でも、音が悪いとそのビデオを見ようとしません。
  • ビデオの音が良ければ、画質が悪くても人々はそのビデオを見続けるものです。

優れたオーディオを取得するためのヒント

  • 予算に応じて最も高性能のマイクを使用します。
  • Camtasia Recorder のデフォルトのオーディオ設定を使用します。
  • 必ず短いテスト録音を行い、オーディオが録音されることを確認します。
  • オーディオ効果を使用して、音質を向上したり音を修正したりします。
  • 波形の特定範囲を処理するには、オーディオ ポイントを追加します。

Camtasia でオーディオを操作するには、タイムライン上で直接編集する方法と効果を追加する方法の 2 通りがあります。

タイムライン上でオーディオを編集する

実行する操作 手順
タイムライン上のオーディオを選択する オーディオを含むクリップをダブルクリックします。クリップが緑色に変わり、オーディオ バーが表示されます。
音量を上げ下げする

オーディオ バーを上下にドラッグします。

オーディオの一部を無音にする

再生ヘッドを使用して範囲を選択します。選択範囲を右クリックして、[無音にする] を選択します。

オーディオ ポイントを追加する

オーディオ バーをダブルクリックします。

オーディオ ポイントを移動する オーディオ ポイントをクリックしたままオーディオ バーに沿ってドラッグします。
オーディオをフェード イン / フェード アウトする

オーディオをフェード イン / フェード アウトするには、オーディオ バーの上にオーディオ ポイントを 3 つ追加します。ポイントを上下にドラッグして、目的のフェード イン / フェード アウトの効果を作成します。

オーディオ ポイントを削除する

オーディオ ポイントを右クリックして、[削除] または [すべてのオーディオ ポイントの削除] を選択します。

画面録画からシステム オーディオを分割する オーディオを右クリックして、[ビデオとオーディオを分割] を選択します。
波形の表示を変更する
(Windows のみ)

[編集] > [基本設定] の順に選択し、[プログラム] タブの [上下対称の波形] を選択します。

オーディオを M4A または WAV 形式で保存する

[共有] > [オーディオのみをエクスポート] の順に選択します。

注意: MP3 へのエクスポートは利用できなくなりました。

両方のチャネルでオーディオにモノミックスを適用する  タイムライン上でオーディオ クリップを選択して、[プロパティ]  > [オーディオ] サブタブ  > [モノミックス] オプションをチェックします。
選択したすべてのクリップのオーディオ レベルを調整するために、ゲインを適用する

タイムライン上でオーディオ クリップを選択して、[プロパティ]

  > [オーディオ] サブタブ  > [ゲイン] > スライダー コントロールを使用してオーディオ レベルを調整します。

オーディオ効果を追加する

オーディオ効果を追加するには、タイムラインにドラッグして、オーディオを含むクリップ上にドロップします。

  • 効果を追加すると波形の下にグレーのバーが表示され、このバーをクリックすると効果のトレイが開きます。
  • 効果をタイムライン上にドラッグして、時間を調整します。
  • [プロパティ] パネルで効果をカスタマイズします。
カスタマイズする効果 手順

ノイズ除去

周囲の雑音の除去に役立ちます。

  1. [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. ノイズ除去プロセスを自動化するには、[分析] を選択します (Windows のみ)。
  3. または、目的の効果を得るために [感度] と [] を手動で調整します。

音量レベルの均等化

音量レベルを均等にすることができます。

  1. [プロパティ] ウィンドウを開きます。
  2. [音量変動] ドロップダウン メニューからレベルを選択します。
  3. または、目的の効果を得るために [比率]、[しきい値]、[ゲイン] を手動で調整します。

フェード イン / フェード アウト

オーディオをスムーズに開始したり終了したりできます。

  1. オーディオ クリップの始まりと終わりには自動的に適用されます。
  2. オーディオ ポイントをクリックしたままドラッグして調整します。

ピッチ (Mac のみ)

波形の周波数を変更して、声の音を変更します。

  1. [Properties (プロパティ)] ウィンドウを開きます。
  2. 目的の効果を得るために、[Pitch (ピッチ)]、[Ease In (イーズ イン)]、または [Ease Out (イーズ アウト)] を手動で調整します。

クリップの速度

オーディオやビデオ クリップをより速く、またはより遅く再生します。

  1. 効果をタイムライン上にドラッグして、速度を調整します。
  2. または [プロパティ] ウィンドウを開いて、目的の効果を得るために [表示時間] と [速度] を調整します。
  • 速度を速くすると、ビデオの再生が速くなります。
  • 速度を遅くすると、ビデオの再生が遅くなります。

 

 

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています