オーディオまたはビデオの共有

制作プロセス (レンダリングとも呼ばれます) では、録画、ビデオ クリップ、オーディオ クリップ、画像、および効果のシーケンスに基づいてビデオ ファイルを作成します。

プリセットの制作オプションには、一般的な配布方法 (Screencast.com、Vimeo、YouTube、ユーザーのローカル ハード ドライブなど) に最適化された設定が含まれます。

  • タイムライン オーディオをスタンドアロンの WAV または M4A ファイルとしてエクスポートすることもできます。
  • 制作プリセットを作成して管理します。(Windows のみ)

 

ビデオを共有する

  1. [共有] をクリックします。
  2. メニューから目的の共有オプションを選択します。
  • Windows の場合、[制作ウィザード] が表示されます。ウィザードを使用してビデオを作成します。
    または、[カスタム制作] > [新規カスタム制作] の順に選択して、その他のファイル出力の選択、制作設定のカスタマイズ、または設定を将来使用するためのプリセットとして保存します。
  • Mac の場合 [Export As (名前を付けてエクスポート)] または [Login (ログイン)] 画面が表示されます。目的のオプションを選択してビデオを作成します。

 

オーディオ ファイルの作成

タイムライン オーディオをファイルとして保存します。

  1. [共有] > [オーディオのみをエクスポート] の順に選択します。
  2. .wav または .m4a として保存します。(MP3 は出力オプションに含まれなくなりました。)

 

タイムラインの選択範囲を制作 (Windows のみ)

タイムライン上の特定の範囲を制作して、短いビデオを作成することや、効果をプレビューすることができます。

  1. ライムラインで範囲を選択します。
  2. 選択範囲を右クリックして、[選択範囲のビデオを制作] を選択します。
  3. 制作ウィザードが表示されます。目的の設定でビデオを作成します。

 

制作プリセットの作成 (Windows のみ)

次のような場合に制作プリセットを追加します。

  • 企業やチーム、または自分用の制作基準を作成する。
  • 頻繁に使用する制作設定を保存して、すばやく再使用できるようにする。

 

  1. [共有] > [カスタム制作] > [プリセットの追加 / 編集] の順にクリックします。[制作プリセットの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [新規作成] をクリックします。制作プリセットの作成ウィザードが表示されます。
  3. プリセットの名前と説明を入力して、ファイル形式を選択します。
  4. [次へ] をクリックします。ウィザードの残りの手順を実行し、選択したファイル形式に該当するオプションを選択します。
  5. ウィザードの最後で [終了] をクリックします。
  6. [制作プリセットの管理] ダイアログ ボックスで [閉じる] をクリックします。
  7. 制作プリセットが、制作ウィザードのドロップダウン リストに表示されます。

 

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています