Snagit (Windows): 日本語版のバージョン履歴

 

 

Snagit (Windows) 日本語版のバージョン履歴は、以下の通りです。

 

バージョン 11

 

2013 年 6 月 25 日: Snagit v11.2.1 マイナー リリース

  • 企業用のワンクリックを無効にする機能を追加しました。
  • ある環境下で Snagit が試用版へ戻る原因となる不具合を修正しました。
  • アクセサリによる複数の通知メッセージが表示され、クラッシュの原因となる不具合を修正しました。
  • Snagit をアップグレード中、デフォルトでないアクセサリがアンインストールされる不具合を修正しました。
  • ワンクリックが再設計されました。
  • Snagit メッセージ センターが再設計されました。
  • YouTube 出力に 2 ファクタ認証のサポートが追加されました。
  • ファイル名の自動設定に日本語ファイル名のコンポーネントが追加されました。
  • 複数画像のサイズを一括変換によって変更する機能のサポートが再度追加されました。
  • Microsoft Outlook 電子メールのスクロール キャプチャのパフォーマンスが改善されました。
  • YouTube にビデオをアップロードした後で Snagit エディタがクラッシュする不具合が修正されました。
  • Snagit が 4 GB を超えるライブラリをバックアップおよび復元できない不具合が修正されました。
  • キャンバス上で複数のベクトル オブジェクトのグループ化およびグループ解除を行うとクラッシュする不具合が修正されました。

 

2012 年 10 月 9 日: Snagit v11.1.1 マイナー リリース

 

  • ビデオ キャプチャ機能を完全に見直し、リアルタイム エンコード MP4 ビデオの作成に対応
  • ビデオ出力を追加: Screencast.com、Camtasia Studio、YouTube、Twitter、Facebook、FTP
  • 新しい画像出力を追加: Evernote、Facebook、Twitter
  • 吹き出しとテキスト キャプチャにスペル チェック機能を追加 (英語、独語、仏語のみスペル チェック可能)。
  • Google Chrome のスクロール キャプチャのサポートを追加
  • 画像サイズに自然単位 (インチおよびセンチメートル) でのサイズ変更を追加
  • Snagit エディタ オプションで [クリップボードから新規作成] を追加
  • 新しい時間節約プロファイルを追加
  • .msp、.cal、.pcx、.raw など、使われていない各種ファイル形式のサポートを削除
  • 全画面 DOS 表示と .exe および .dll ファイルのアイコンをキャプチャする機能を削除
  • [Web ページの作成] 機能を削除
  • Web キャプチャ モードを削除

 

 

バージョン 10

 

2010 年 9 月 7 日: Snagit v10.0.0 メジャー リリース

 

  • オールインワン キャプチャを追加
  • スクロール キャプチャ機能を改善
  • 範囲のキャプチャおよび自動スクロール キャプチャの機能を改善
  • エディタに透明効果を追加
  • 透明効果をキャプチャする機能を追加
  • Snagit のカラー テーマを変更する機能を追加
  • ページ カール効果を追加
  • 画像を取り除くツールを強化
  • エディタに .snag 形式のスタート ガイド ファイルを追加
  • テキスト キャプチャ モードで日本語テキストをキャプチャする場合の不具合を修正
  • Windows 7 のサポートを追加
  • テキスト ボックスを回転する機能を追加
  • 削除した画像をごみ箱に移動する機能を追加

 

 

バージョン 9

 

2009 年 8 月 27 日: Snagit v9.1.2 メジャー リリース

 

  • 複数画像の編集機能を追加
  • キャプチャの自動保存機能を追加
  • キャプチャ操作を連続して元に戻す機能を追加
  • キャプチャの日時、アプリケーション、Web サイト (該当する場合) などのメタデータを自動キャプチャする機能を追加
  • ユーザー設定のキーワードと事前設定されたいくつかのフラグを使用して、メタデータに独自のタグを付ける機能を追加
  • 検索機能を追加
  • Snagit エディタを Microsoft Fluent UI 対応に変更
  • インスタント メッセンジャー出力を削除

 

 

バージョン 8

 

2006 年 7 月 20 日: Snagit v8.0.2 メジャー リリース

 

  • プレビュー画面とエディタにベクトル オブジェクトの編集機能を追加
  • Web ページからリンクをキャプチャする機能を追加
  • 画像にホットスポットを追加する機能を追加
  • PDF、SWF、および MHT 形式で出力する機能を追加
  • 吹き出しツールを追加 (スタンプとテキスト ツールを統合)
  • インストーラに企業向けカスタマイズ オプションを追加
  • デフォルト ホットキーを Ctrl+Shift+P から PrintScreen に変更

 

 

バージョン 7

 

2005 年 5 月 3 日: Snagit v7.2.3 メジャー リリース

 

  • 新しいメイン ユーザー インターフェイス画面 - 既存のプロファイル表示を更新し、Snagit の「標準」表示として採用。Snagit の従来の表示は「クラシック」表示として選択可能
  • 新しいペイント ツール - プレビュー画面と新しい Snagit エディタ画面に強力な描画ツールを追加
  • 一括変換ウィザードを追加 - 一括変換処理のすべての手順をウィザードが順に指示
  • 新しいワンクリック キャプチャ ウィンドウ インターフェイスを追加 - キャプチャ プロファイルにすばやくアクセスできるフライアウト ウィンドウ。クリック 1 つですぐにキャプチャを実行可能
  • 遠近法/傾斜の効果を追加 - 適用することで画像に 3D のような効果を付与
  • 新しい Microsoft Outlook 用 Snagit アドインを作成
  • [Open]、[Save]、[SaveAs] ダイアログを追加。Snagit Studio プロジェクト ファイル (.SSD) など、すべてのファイル形式を直接開いて保存可能に
  • Snagit Studio の [File] > [Open] ダイアログに画像のインポート設定を追加
  • Snagit Studio のカタログの背景色とテキストの色を改善
  • Snagit Studio の [File] メニューから [Import]、[Import options]、[Export] メニュー オプションを削除

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています