Camtasia (Windows): 録音に最適なオーディオ形式

Camtasia Recorder を使用してデフォルト設定で録画すると、オーディオ形式は PCM 44.100kHz、16 ビット、ステレオで録音されます。これは、録音で奨励するオーディオ形式です。

DirectShow の制限により、次のサンプルレートのみ使用できます。

8.000kHz
11.025kHz
22.050kHz
44.100kHz

他のサンプルレートを使用した場合、再生やビデオ制作するには、上記のどれかのサンプルレートに他社製のアプリケーションで変換してから、Camtasia Studio へインポートしなくてはなりません。このサンプルレートの変換により音質が劣化する原因となることがあります。

オリジナルの録画には、上記のデフォルト設定等の音質の良い設定を使用します。編集や制作の際に音質をより良くしようとしても、オリジナルの音質以上に良くなることはなく、音質が低下する原因になる場合もあります。

できればタイムライン上に配置するクリップでは、サンプルレートやステレオ / モノラル等の複数のオーディオ形式を使用することは避けるようにします。ステレオとモノラルを混在させると、制作後のビデオで音量が一定にならない場合があります。

 

 

203728398

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています