Camtasia (Windows): キャプチャフレームレート、ハードウェアアクセラレーション、およびシステムパフォーマンスについて

録画パフォーマンスを改善する基本のヒント

録画時のフレームレートとは、1 秒ごとにキャプチャするフレーム数のことです。スムーズな録画のためには、高いフレームレートで録画することです。Camtasia Recorder のデフォルト録画設定では 30 フレーム/秒でキャプチャします。Camtasia Recorder は、コンピューターに負荷がかかり過ぎて処理がついていけなくなると、遅れ、フレーム(コマ)を落とします。


次のような基本的な改善方法があります。

  • コンピューター画面全体を録画するのではなく、必要な範囲のみ録画し、画面サイズを小さくします。
    画面全体を録画することは、範囲を選択して録画するよりもコンピューターに負荷がかかるためです。
  • 録画に必要のないアプリケーションを終了します。
    画面の右下コーナーのタスクトレイにアイコンがあり常駐している場合も終了します。他のアプリケーションが実行されていると、メモリが使用されてしまいます。画面録画は CPU に負担のかかるプロセスです。できるだけコンピュータに負担のかからないようにします。
  • 数人のユーザー様から、ノートパソコンのパワー設定を「高いパフォーマンス」に変更すると、より良いパフォーマンスで録画できることをご報告いただいています。

ご参考までに、コンピューターを変更する場合に注意する仕様は、CPU です。RAM、およびグラフィックカードも重要ですが、特に録画時のパワーについては、Camtasia Studio は主に CPU に重い負荷をかけます。たとえば、処理速度の速いパソコンで録画し、遅いパソコンで編集するようにするのも対処方法です。

 

 

 

203728448

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています