Camtasia (Windows): ビデオのファイルサイズを小さくする方法

ビデオのエンコードとファイルサイズ

ファイルサイズは、様々な要素により影響を受けます。この FAQ では、ビデオとオーディオの品質を最大限に保ちながら、ファイルサイズを縮小するためのヒント、および一般的な作成方法を説明します。

以下は、ファイルサイズと品質に影響する要素です。

ビデオ形式

一般的に多くの場合、MP4/H.264 形式でビデオを制作することで、最小のファイルサイズと高画質のビデオを作成できます。
MP4 は、特に Web での公開用のビデオを制作する際に多く使用されます。(CD や DVD 上での再生用のビデオ制作には、AVI、MOV、または WMV が適している場合もあります。) Camtasia のデフォルトの制作形式は、MP4 です。

 

ビデオの画面サイズ (横x縦のピクセル=解像度)

ビデオの画面サイズ(解像度)が大きくなるほど、ファイルサイズも著しく大きくなります。1280 (幅) x 720 (高さ) ピクセルを超えないビデオの画面サイズにすることをお勧めします。
どうしても必要な場合を除き、全画面での録画をしないようにします。または、全画面で録画後、ビデオを編集、制作する際に「必ず」画面サイズを小さくし(解像度を下げ)、かつ編集でズームとパン機能を使用します。ズームとパン機能を使用することで、ビデオ画面サイズを縮小しながら、画面上の特定の部分を明確に表示できます。ビデオの画面サイズ(キャンバスのサイズ)を小さくするには、Camtasia のキャンバスの上にある [キャンバスのオプション] のドロップダウンメニューから [プロジェクト設定]([ビデオの編集サイズ])から設定します。

How_to_make_the_file_size_of_videos_smaller.png

 

その他の方法としては、画面上の操作内容を録画する前に、コンピューター画面の解像度を小さくする方法があります。

 

ビデオ内の動きの多さ

ビデオ内の動きが多いほど、ファイルサイズも大きくなります。 例えば、動きの非常に少ないプレゼンテーションスライドの録画は、実写のビデオ撮影をパソコン画面で再生して録画した場合よりも、ファイルサイズがより小さくなります。可能な場合は、録画中、ウィンドウや画面をドラックして移動することを極力無くし、PowerPoint 上の動きの多いアニメーションを制限します。またビデオの動きに関しては、MP4 形式で制作するとファイルサイズをより小さくできます。

 

オーディオの種類

通常オーディオを圧縮しなくても、ビデオの視聴者が認識できるほど違いがあることは稀です。そこで、ビデオ制作の際にオーディオを圧縮すると、ファイルサイズを非常に小さくできます。音質が重要になる音楽用のビデオ(コンサートなど)を画面録画するのでない限り、(ステレオでなく)モノラルでオーディオを録音し、編集作業が完了後、オーディオを圧縮してビデオを制作します。Camtasia のデフォルトの MP4 形式は、AAC オーディオ圧縮を使用しているので、音質を保ちながらファイルサイズを小さくできます。オーディオについては、この FAQ の最後の追加情報で、さらに詳しく説明します。

 

フレームレート

フレームレートとは、ビデオで毎秒何フレーム(コマ)を表示するかということです。Camtasia の「カスタム制作設定オプション」では、毎秒 1 から 30 フレーム (fps) の間で設定できます。デフォルトは 30 fps で、ほとんどの Camtasia ユーザーにとって十分な設定です。
PowerPoint プレゼンテーションのような動きの少ない内容を録画している場合、fps を下げることで、ファイルサイズをわずかに小さくすることができ、また視聴者にもその変化を気づかれることもありません。フレームレートは、Windows 版の場合 Camtasia Recorder で設定します。また、制作プロセスでも変更できます。

 

ビデオ録画技術

Windows プラットフォームでは、Fraps と呼ばれるゲームの録画に最適化された画面レコーダーがあります。ゲームを録画している場合、とくに全画面、フルモーション、高フレームレートのゲームの録画の場合は、Fraps を試すのもいいでしょう。

Camtasia は、TSC2 と呼ばれる新しいコーデックを使用していて、画面操作録画とフルモーションビデオの両方の録画に上手く動作します。

 

追加情報、およびオーディオの圧縮と非圧縮についての例

Camtasia は、オーディオを圧縮しないで録音します。これは最高の音質で、この音質を損なうことなく編集します。そしてビデオを制作する際に、このオーディオを圧縮することになります。 

デフォルトの場合、Camtasia Recorder は、22.050 kHz、16 ビット、モノラルの PCM 非圧縮のオーディオ設定を使用します。このオーディオ設定では、毎秒 44,100 バイト、または毎分約 2.6MB、ファイルサイズが増加します。これは、オリジナルの録画ファイル中のオーディオ部分のみに対して保存されるデータ量です。

このことは、毎秒およそ 22,000 回、オーディオのサンプリングが行われ、そのたび  2 バイト (16 ビット) の情報が保存されることを意味します。もしこの同じオーディオ設定が「ステレオ」に設定された場合、データサイズは 2 倍になります。なぜなら、毎秒 2 バイトではなく 4 バイトの情報が毎秒 22,000 回保存されるためです。

特に、「音声」を録音する場合は、「ステレオ設定で録音しない」ことをお勧めします。ステレオ設定を使用することは、ファイルサイズが 2 倍になるということにご注意ください。

特別な理由がない限り、オリジナルのビデオ録画時や編集作業時ともに、高音質の PCM 非圧縮オーディオを常に使用します。これで、ビデオが編集された場合でも音質の損失がありません。編集作業が完了すると、完全な高品質のマスタービデオができ、このマスタービデオからその他のオーディオ圧縮形式を使用してビデオを作成します。

オーディオの圧縮は常にオーディオの品質劣化を伴うため、編集作業が完了してから圧縮を行います。例えば、ビデオを制作後にそのビデオの編集を再度行った場合は、その都度オーディオの再圧縮を行うことになります。再圧縮を行うたびに、音質の劣化を伴います。

オーディオの圧縮により、ビデオ全体のファイルサイズを非常に小さくすることができます。例えば、PCM、22.050 kHz、16ビット、モノラルの非圧縮オーディオが含まれる 1 分間のビデオファイルサイズが、3.9MB であるとします。このビデオを CCITT u-Law、11.25 kHz、8 ビット、モノラルを使用し圧縮した場合のサイズは、887KB となります。

 

 

 

 

203729508

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています