Snagit (Windows): SnagPriv.exe がスタートしません

Snagit の起動時に SnagPriv.exe がスタートしないことを示すメッセージが表示される場合、ご使用のパソコンがご自宅や個人のものか IT 部門等で管理されているかにより、次の 2 つの異なる解決方法が考えられます。

IT 部門

この問題は Microsoft 社が証明書の有効性のチェックに使用している特定のレジストリ キーの値が無効である場合に起こる可能性があります。問題となるレジストリ キーは以下です。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WinTrust\Trust Providers\Software Publishing

 

Microsoft社のナレッジ ベースによると、「State」 キーは、発行者の証明書失効リストをチェックするために、0x00023c00 に設定されている必要があります。このレジストリ キーが 0x00023c00 以外に設定されていると 「SnagPrive.exe is unable to start」 というエラーメッセージの原因となる可能性があります。

弊社では .NET のアップ グレートや Windows Update、グループ ポリシーアップデートおよびその他の要因により、Snagit のエラー メッセージの原因となる値の変更が偶発的に起こる場合があることを確認しています。

個人のパソコンの場合

この問題は SnagPriv.exe を管理者として実行するように設定することで解決できます。

  1. 以下の Snagit インストール ディレクトリに移動します。

    32-bit Windows: C:\Program Files\TechSmith\Snagit 11\     (バージョン 11 の場合) 
                            C:\Program Files\TechSmith\Snagit 12\  (バージョン 12 の場合)

    64-bit Windows: C:\Program Files (x86)\TechSmith\Snagit 11\  (バージョン 11 の場合)
                          C:\Program Files (x86)\TechSmith\Snagit 12\  (バージョン 12 の場合)

  2. ディレクトリ内で SnagPriv.exe を探して、右クリックし [プロパティ] を選択します。
  3. [互換性] タブ内で [管理者としてこのプログラムを実行する] にチェックを入れ [適用] をクリックしてください。

    Snagit_Windows_SnagPriv_exe_does_not_start.png

 

 

 

 

203731868

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています