Camtasia (Mac): ビデオの画面がぼけるのを避ける方法(画質の劣化を防ぐ方法)

問題

エクスポートしたビデオがぼけて見えます。解決策はありますか?

 

解決策 1

  1. 編集の際、ビデオが正しいサイズに設定されているか不確かな場合は、(画面の中央右の)[Properties](プロパティ)ボタンをクリックすると、右側にサイド メニューが表示されます。(次の GIF アニメーションをご参照ください)




  2. タイムライン上でクリップを選択し、[Scale](倍率)で 100% を設定します。




  3. 上記の設定後、[Edit](編集)> [Project Settings](プロジェクト設定) > ドロップダウン メニューでクリックして、[Fit to Visible](ウィンドウに合わせる)を選択します。[Apply] (適用) をクリックします。




 

解決策 2

ビデオをインポートした時、可能な限り最も良い画質でタイムラインに配置するには、どのように設定しますか?

デフォルトでは Camtasia 3 へインポートされたビデオは、キャンバスで 1080p の解像度 (1920x1080) に制約されます。これは、ビデオがちょうど 1920x1080 でない場合、1080 の高さに拡大縮小され、ビデオの幅はオリジナルの縦横比で比例して拡大縮小されるということです。

このデフォルト オプションを変更するには、(左上のリボン上にある)[Camtasia 3] タブから、ドロップダウンで [Preferences](環境設定)を選択します。環境設定ウィンドウが開くので、[Canvas](キャンバス)タブを選択します。

 全画面録画でも範囲録画の場合でも、キャンバスの画面サイズを [Original Recording Dimensions] (オリジナルの録画の画面サイズ) へ設定すると、最初にメディアを新規プロジェクトでインポートした際、可能な限り最も良い画質に設定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

203727428

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています