マーカーとインタラクティブ目次

目次、クローズド キャプション、検索機能、ホットスポット機能、クイズなど、Camtasia のインタラクティブ機能を視聴者が使用するには、ビデオを TechSmith Smart Player で再生する必要があります。最終ビデオを制作して共有する際は、MP4 を選択するか、Screencast.com で共有します。Screencast.com には SmartPlayer が組み込まれているため、ビデオを Screencast.com でホストすることによって最適な表示効果が得られます。

マーカーの用途:

  • ナビゲーション ポイントを作成できます。最終ビデオに目次を付けると、マーカーがインタラクティブ目次の項目として表示されます。
  • 編集ポイント (録画中のミス、録画の切り取る部分など) をマークします。

  • 長いビデオを複数のビデオに分割する位置を設定できます。
  • PowerPoint または Keynote プレゼンテーションを録画する場合、Camtasia のタイムラインで各スライドにマーカーが自動的に作成されます。

マーカーを追加するには

Ctrl+M キーを押して、マーカー表示を開きます。または、以下の図に示す場所で手動でマーカー表示に切り替えます。

マーカー表示を開くとマーカー モードに切り替わります。このモードでは、マーカーの新規追加や既存のマーカーの編集をすばやく効率的に実行できます。

  1. マーカー トラックまたはメディア クリップ上にカーソルを移動します。青いダイヤモンドが表示されます。
  2. タイムラインまたはメディアをクリックしてマーカーを作成します。
  3. マーカーの追加が終了したら、トグル ボタンをクリックしてマーカー表示を非表示にします。

マーカーについて

マーカーをタイムラインに追加して、タイムライン上のメディアに固定できます。

  • デフォルトでは、マーカーはタイムライン マーカーとして追加されます。
  • タイムラインにマーカーを追加すると、タイムライン上でメディアの追加、移動、または削除を行っても、マーカーは同じ位置に留まります。
  • マーカーをメディアまたはグループに固定して、メディアまたはグループを移動、削除、コピー、または貼り付けると、マーカーはメディアまたはグループと一緒に処理されます。
タスク操作
マーカーを追加 Shift+M
マーカーの表示 / 非表示

Ctrl+M

-または-

既存のマーカーをクリックします。タイムラインまたはメディア上でマーカーが青い三角形として表示されます。

次のマーカー Ctrl+]
マーカー間を選択

Ctrl+Shift+[

-または-

Ctrl+Shift+]

前のマーカー Ctrl+[
タイムラインで前のマーカーまでの範囲を選択 Ctrl +Shift+[
タイムラインで次のマーカーまでの範囲を選択 Ctrl+Shift+]

マーカーの名前を変更

ビデオを制作するときに目次を付けると、マーカー名が目次の項目としてビデオ内に表示されます。

Windows

マーカーをクリックして、[プロパティ に新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

-または-

マーカーを右クリックして、[プロパティ に新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

 

Mac

マーカーをクリックして、名前を入力します。

タイムライン マーカーをメディア マーカーに変換

-または-

メディア マーカーをタイムライン マーカーに変換

  1. 変更するマーカーの上にマウス カーソルを置きます。
  2. マーカーの位置を変更するタイムラインまたはメディアをクリックします。

マーカーの位置を移動 「フラグ」またはマーカーをクリックして選択し、目的の位置にドラッグします。
マーカーを削除
  1. マーカーをクリックして選択します。
  2. Delete キーを押します。
すべてのマーカーを削除

Windows

[変更] > [マーカー] > [すべてのマーカーを削除] の順に選択します。

 

Mac

[Modify (変更)] > [Markers (マーカー)] > [Remove All (すべて削除)] の順に選択します。

すべてのマーカーの位置でメディアを分割

Windows

[変更] > [マーカー] > [すべてのマーカーで分割] の順に選択します。

画面の録画中にマーカーを追加

Windows

Recorder が実行しているときに Ctrl+M キーを押します。

-または -

  1. Recorder で [ツール] > [録画ツールバー] > [効果] チェックボックスの順にクリックして、[OK] をクリックします。
  2. その後、録画中に録画ツールバーの [マーカーを追加] ボタンをクリックします。
    <! [CDATA[ ]]>

インタラクティブ目次 (TOC) の作成

目次、クローズド キャプション、検索機能、ホットスポット機能、クイズなど、Camtasia のインタラクティブ機能を視聴者が使用するには、ビデオを TechSmith Smart Player で再生する必要があります。最終ビデオを制作して共有する際は、MP4 を選択するか、Screencast.com で共有します。Screencast.com には SmartPlayer が組み込まれているため、ビデオを Screencast.com でホストすることによって最適な表示効果が得られます。

タイムラインのマーカーからインタラクティブ TOC を作成するオプションは、MP4 や Screencast.com などの Smart Player を含むオプションを共有/制作する場合だけです。

Camtasia Mac インタラクティブ TOC

  1. [Share (共有)]> [Screencast.com] または [Share (共有)]、[File Format (ファイル形式)]、[Export to MP4 (MP4 にエクスポート)] の順に選択します。
  2. 目次を含むビデオをエクスポートするオプションを選択します。
    • Screencast.com の場合: ログインして [Create table of contents from markers (マーカーから目次を作成)] オプションを選択します。[Share (共有)] をクリックします。
    • Web ページとしてエクスポートする場合: [Create table of contents from markers (マーカーから目次を作成)] オプションを選択します。[Export (エクスポート)] をクリックします。
  3. ビデオでインタラクティブ TOC を使用するには、プレーヤー バーの [目次] ボタンをクリックします。

Camtasia Windows インタラクティブ TOC

[共有]、[Screencast.com] の順にクリックするか、カスタム TOC 設定で MP4 ファイルを作成します。

  1. [共有] ボタン > [カスタム制作] 設定 > [新規カスタム制作] > [MP4 - Smart Player (HTML 5)] > [次へ] > [次へ] > [次へ] の順に選択して、[マーカーのオプション] 画面を開きます。
  2. [マーカーのオプション] 画面で、目的の目次オプションを選択します。
  3. 制作ウィザードの残りの画面を進んで、制作処理を完了します。
  4. 最終ビデオを Screencast.com にアップロードします。
目次のオプション説明
マーカー エントリに番号を付ける 制作された目次の項目に順に番号を付けます。
再生時に目次を表示する

オンにすると、ビデオの再生時に目次が表示されます。

オフにすると、目次を表示するには視聴者がビデオ コントローラのボタンをクリックする必要があります。

目次の項目でマーカーの有効/無効を切り替える マーカーを目次に表示しない場合は、これらのオプションを無効にします。
名前の変更 目次の項目に名前を付けるには、リストの項目をクリックして新しい名前を入力します。または、リストの項目を選択して [名前の変更] をクリックします。
左に固定 選択すると、目次がビデオの左側に固定されます。
右に固定 選択すると、目次がビデオの右側に固定されます。
マーカー表示

テキストとサムネール: サムネールとテキストが両方とも目次に表示されます。

<! [CDATA[ ]]>テキストのみ: テキストのみが目次に表示されます。

サムネールのみ: サムネールのみが目次に表示されます。

 

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています