タイムラインのトラックと基本的な編集

タイムラインのトラック

トラックは、タイムライン上のメディアの横方向と縦方向のシーケンスを表しています。

  • 縦方向であるタイミングに表示されているものは、ビデオに同時に表示されます。
  • タイムラインのトラック上にあるメディアのみが最終ビデオに含まれます。
  • タイムラインに追加できるトラックの数に制限はありません。
実行する操作 手順
トラックの追加

1. をクリックして、タイムラインにトラックを追加します。

-または-

2. [メディア ビン] または [ライブラリ] からメディアを「空白」の領域にドラッグ アンド ドロップして、新しいトラックを作成します。

トラックのスクロール

タイムラインに複数のトラックがある場合、表示されていないトラックを表示するには、タイムラインの右側にあるスクロール バーを使用します。

トラックの名前の変更 トラックの名前を変更するには、名前をダブルクリックして、新しい名前を入力します。
トラック サイズの変更

トラック スライダーを使用して、すべてのトラックのサイズを一度に変更できます。

-または-

1 つのトラックのみのサイズを変更するには、名前の上にあるトラックの境界線の上にマウス カーソルを置いて、上下にドラッグします。

トラックをロック / ロック解除

トラックをロックすると、そのトラック上のメディアに対して編集や変更が適用されなくなります。

トラックをロックする

トラックの左側にある鍵のアイコンをクリックします。

アイコンが白くなります。また、トラックに斜線が表示され、ロックされたことを示す暗い表示に変わります。

トラックのロック解除

トラックの左側にある白い鍵のアイコンをクリックします。アイコンがグレーに変わり、トラックのロックが解除されたことを示す明るい表示に変わります。

 

ロックされたトラックについて

  • ロックされたトラック上のメディアは、キャンバス、プレビュー、制作した最終ビデオに表示されます。
  • ロックされたトラックのメディアは、制作プロセスでビデオに含められます。
  • グループ内のトラックはロックできません。
  • ロックされたトラック上のメディアに対して、切り取り、コピー、削除、貼り付け、または変更を行うことはできません。

トラックをオフにする / トラックをオンにする

キャンバス、プレビュー、または制作した最終ビデオにメディアが表示されないようにするには、トラックをオフにします。

トラックをオフにする

トラックの左側にある眼のアイコンをクリックします。

アイコンが白に変わり、斜線が表示されます。トラックはオフになったことを示す暗い表示に変わります。

トラックをオンにする

トラックの左側にある白い目のアイコンをクリックします。

アイコンがグレーに変わり、トラックがオンになったことを示す明るい表示に変わります。

 

オフになったトラックについて

  • オフにしたトラックのメディアは、制作プロセスでビデオに含められません。
  • トラックをオフにして、オーディオクリップを視聴することができます。たとえば、ナレーションのトラックを再生せずにバックグラウンド ミュージックのみを聴くには、ナレーションのトラックをオフにします。
  • オフにしたトラックのメディアに対して、切り取り、コピー、削除、貼り付けなどを行うことはできません。

クイズまたはマーカー表示の表示 / 非表示

クイズまたはマーカーをタイムラインに追加すると、クイズまたはマーカー表示が自動的に開きます。

[表示 / 非表示] アイコンをクリックして、マーカー / クイズ表示の表示と非表示を切り替えます。

 

[クイズ / マーカー] ドロップダウン メニューをクリックして、目的の表示を選択します。

グループ内のトラック
  • グループ内の各メディアには個別のトラックが割り当てられます。
  • グループ内にはトラックを無制限に含めることができます。グループ トラック上のメディアは、タイムライン トラック上のメディアと同様に編集できます。
  • グループ内のメディアを編集するために、グループを解除する必要はありません。
トラックのオプション

タイムライン トラックまたはトラック名を右クリックすると、選択可能なトラック オプションがコンテキスト メニューに表示されます。

メディア ファイルのない空のトラックをすべて削除する

トラックを右クリックして、メニューから [空のトラックをすべて削除] を選択します。

タイムラインの編集タスク

実行する操作 手順
範囲を選択する

再生ヘッドの緑の開始ポイントまたは赤の終了ポイントをクリックしてドラッグし、範囲を選択します。

選択した範囲が青くハイライト表示されます。

必要に応じて、ズーム スライダーをドラッグすると、タイムラインの表示を拡大縮小して見やすくできます。

タイムライン上のメディアを選択する

メディアをクリックして選択します。

タイムライン上で複数のメディアを選択する

タイムライン上でクリックしてカーソルをドラッグし、タイムライン上のすべてのメディアをドラッグした範囲内に含めます。

-または-

Shift キーを押したまま複数のファイルをクリックして選択します。

すべてのメディアを選択

すべてのメディアの選択を解除

Windows

Ctrl+A

Ctrl+D

 

Mac

Command+A

Command+D

選択範囲を削除

 

メディアを削除

[削除] を使用すると、タイムライン上の削除した範囲またはクリップは、そのまま空白のスペースとなります。

タイムラインの選択範囲を削除するには

  1. タイムライン上で削除から除外するメディアを含むトラックをロックします。
  2. 開始ポイントまたは終了ポイントをドラッグして、範囲を選択します。必要に応じて、ズーム スライダーを使用すると、タイムラインの表示を拡大縮小して見やすくできます。選択した範囲が青くハイライト表示されます。
  3. キーボードの Delete キーを押します。

-または-

タイムライン上のメディアを選択して Delete キーを押します。

選択範囲を切り取る

 

メディアを切り取る

選択範囲を切り取ると、範囲がタイムラインから削除され、クリップボードに格納されます。

  • [切り取り] ツールを使用すると、タイムライン上に空白のスペースは残らず、メディアがステッチ (連結) されます。
  • 必要に応じて、タイムライン上の別の場所に貼り付けることができます。
  • 切り取りは 1 つのクリップまたは複数のクリップにまたがる範囲に対して行うことができます。

メディアを切り取るには

  1. タイムライン上で切り取りから除外するメディアを含むトラックをロックします。
  2. 開始ポイントまたは終了ポイントをドラッグして、範囲を選択します。必要に応じて、ズーム スライダーを使用してタイムラインの表示を見やすくします。選択した範囲が青くハイライト表示されます。
  3. [切り取り] ボタン  をクリックします。選択範囲が切り取られ、タイムライン上のメディアが移動してステッチ (連結) されます。
  4. 選択範囲をタイムライン上の別の場所に貼り付けるには、再生ヘッドを新しい位置に移動して [貼り付け] ボタン  をクリックします。

-または-

タイムライン上で 1 つまたは複数のメディアを選択して、[切り取り] ボタン  をクリックします。

クリップのマークインまたはマークアウト

クリップの最初または末尾から時間を削除するために使用します。

マークイン / マークアウト オプションは、[切り取り] オプションとは異なります。マークイン / マークアウトではクリップから選択範囲を切り取る代わりに、その範囲を非表示にします。

マークインまたはマークアウトするには

  1. タイムライン上のクリップをクリックして選択します。
  2. マウス カーソルをクリップの最初または末尾にポイントします。
  3. クリップをクリックして、いずれかの方向にドラッグします。

メディアの分割

分割ツールは、1 つのクリップを 2 つのクリップに分割します。

  • 各クリップは個別に移動および編集できます。
  • クリップを分割すると、シーンの間に画面切り替えやタイトル スライド、グラフィックスなどを挿入できます。

分割するには

  1. タイムライン上で分割する位置に再生ヘッドを移動します。
  2. 分割するメディアを選択します。複数のメディアを選択するには、キーボードの Ctrl または Command キーを押したまま、分割するメディアをそれぞれクリックします。
  3. [分割 をクリックするか、キーボードの S キーを押します。クリップが 2 つのクリップに分割されます。

ビデオ クリップのフレームを延長

Windows のみ

[フレームの延長] オプションでは、ビデオ クリップの 1 つのフレームを画像として作成し、タイムライン上に挿入することによって、ビデオ クリップの時間を延長できます。

  • [フレームの延長] オプションを使用すると、1 つのフレームだけを含む画像クリップが作成されます。オリジナルのビデオの残りの部分は、その新しい画像クリップの後に続きます。
  • このオプションを使用すると、オーディオや音声ナレーションの長さに合わせてビデオ フレームを延長できます。
  • クリップの端をタイムラインに沿ってドラッグすることにより、拡張されたフレーム クリップの時間を調整できます。Shift キーを押したままドラッグすると、同じトラック上の他のすべてのメディアを移動できます。

ビデオ クリップのフレームを延長するには

  1. 再生ヘッドを延長するフレーム上に配置します。
  2. タイムライン上のクリップを選択します。
  3. クリップを右クリックして [フレームの延長] を選択するか、キーボードの Shift+E キーを押します。[フレームの延長] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. フレームの延長時間を入力します。
  5. [OK] をクリックします。
タイムライン上のメディアをグループ化する

タイムライン上のメディアをグループ化して、次の操作を実行できます。

  • タイムラインを整理する。
  • 適切な縦横比を維持したまま、キャンバス上のすべてのメディアのサイズを同時に変更する。
  • タイムラインまたはキャンバス上のメディアを同時に移動する。
  • 頻繁に使用するシーケンスをコピーして貼り付ける。
  • 頻繁に使用するシーケンスをライブラリに保存して、複数のプロジェクト間で使用する。

グループの特性

  • グループ内のトラックはロックできません。
  • グループに含めることのできるメディアやトラックの数に制限はありません。
  • グループは他のグループに追加できます。
  • グループにメディアをドラッグしたり、メディアをグループの外へドラッグしたりできます。

グループを作成するには

  1. タイムライン上でグループ化するすべてのメディアを選択します。
  2. 選択したメディアのいずれかを右クリックして、メニューから [グループ化] を選択します。メディアがグループ内に移動します。
    • グループのタイトルをダブルクリックして名前を変更します。
    • [+] または [-] のアイコンをクリックすると、グループを展開、または折りたたむことができます。
    • グループを右クリックして、[グループ解除] を選択します。グループ解除されたメディアは、タイムライン上の元の位置に戻ります。
タイムラインのツールバー

[元に戻す]、[やり直し]、[切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、[分割] などの基本的なツールにアクセスできます。

メディアをステッチ (連結する)
  • メディアを切り取ると、そのメディアは自動的にステッチ (連結) されます。
  • メディアを削除すると、そのメディアはステッチ (連結) されず、タイムライン上に空白のスペースが残ります。
  • ステッチ (連結) できるのは、元の録画であるオリジナル クリップが同じメディアの一部や範囲同士のみです。
  • メディアをステッチするには、メディアが相互に隣り合っている必要があります。

 

2 つのメディアをステッチするには、2 つのメディアが接触している場所を右クリックして、[メディアをステッチ] を選択します。

メディアを分けるには、ステッチを右クリックして [ステッチしない] を選択します。

画像としてビデオ フレームを保存するには

[名前を付けてフレームをエクスポート] オプションを使用して、キャンバス上の現在のフレームを画像ファイル (.bmp、.gif、.jpeg、または .png) として保存できます。

  1. タイムライン上で再生ヘッドを移動して、画像とするフレームを選択します。正しいフレームを選択しているかどうか、キャンバスで確認します。
  2. [共有] > [名前を付けてフレームをエクスポート] の順に選択します。
  3. [名前を付けてフレームをエクスポート] ダイアログが表示されます。ファイル名を入力して保存場所を選択します。
  4. [ファイルの種類] フィールドからファイル形式を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

 

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています