Camtasia (Windows): 4K コンテンツを使用するガイドライン

4K ビデオ映像を編集するには、かなり高い性能のコンピューターが必要です。4K ビデオの編集について、以下の情報をご参照ください。

● Camtasia で 4K をテストしたコンピューターの仕様は何ですか?

プロセッサ: Intel(R) Core(TM) i7-4770 CPU @ 3.40GHz (8 CPUs)、~ 3.4GHz

メモリ: 16 GB RAM

グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 745

  • 表示メモリ: 12197 MB
  • 専用メモリ: 4035 MB
  • 共有メモリ: 8161 MB

● 上記の仕様のコンピューターでのパフォーマンスはどのようなものでしたか?

弊社の 4K 画面を録画したコンテンツと iPhone から生成された 4K フルモーション コンテンツの両方のテストでは、非常によいパフォーマンスでした。弊社のテストでは一度に 1 つの 30fps の 4K ビデオの再生、または 一度に 2 つの 30fps の 1080p ビデオの同時再生に制限しました。再生パフォーマンスは、複数の効果を追加後もスムーズのようでした。

 

● 上記の仕様のコンピューターではない場合でも、4K ビデオの編集はできますか?

Camtasia によって 4K コンテンツの編集を妨げるものはありません。しかし、低い性能のコンピューター上では、再生パフォーマンスがぎくしゃくして、Camtasia での作業が一般に遅くなり編集が難しくなります。4K コンテンツの編集が必要な場合は、上記のコンピューターの仕様と同レベルのコンピューターを用意することをお勧めします。

 

● 4K コンテンツの編集経験で参考になるその他のヒントはありますか?

  1. より小さいモニター上では画面が縮小されますが、それを少なくするために 4K モニターで編集します。
  2. 必ずプロジェクト設定で 3840x2160 と設定します。設定を変更するには、[ファイル] > [プロジェクト設定] > [カスタム] とクリックします。



  3. 常に素材となるコンテンツはコンピューターのハード ドライブに保存しておきます。SSD ドライブを使用するとなお良いでしょう。

 

 

 

 

226262508

         

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています